受付時間

らいおんハート整骨院 0267-77-7521

ネット予約

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 野球でボールを投げた時に肘が痛い。
  • 肘を伸ばす際に動きが悪い。
  • 肘に触るだけでも痛みがでるようになった。
  • 肘の痛みが治ったのにまた再発してしまった。

野球肘とは?|らいおんハート整骨院 佐久

野球肘とは、野球などの投球動作により、肘関節に起きる障害の総称の事を言います。

ジュニア期の野球選手(10~16歳)に多く発生し、オーバーユース(使い過ぎ)によって発生します。野球の投球は他のスポーツとは違い、肩や肘に同じ力や繰り返しの負担をかけてしまうスポーツです。

投球時やと投球後に肘に痛みが出現し、肘の曲げ伸ばしの動きが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

なぜジュニア期に多く発生してしまうのでしょうか?

ジュニア期は成長期の真っただ中です。

成長期の関節は大人の骨とは違い、「成長軟骨」と言った未熟な骨が存在します。

また、成長期は骨が柔らかい特徴があり、大人に比べ靭帯などの軟部組織が硬く。

繰り返しの投球動作により硬い靭帯が柔らかい骨を刺激し、骨の剥離が起きやすい。防御反応として筋緊張が強くなり痛みが発生しやすくなります。

【野球肘の原因とは?】らいおんハート整骨院佐久

野球肘の原因のひとつにジュニア期のオーバーユース(使い過ぎ)があり、繰り返しの投球動作にて、肘に掛かる負担が大きくなる事が考えられます。

投球時に肘の外側の骨(上腕骨と橈骨)がぶつかり合うことで、骨や軟骨に繰り返しの負荷がかかり症状の改善が思うように進まない事があります。

【野球肘の症状】らいおんハート整骨院佐久

野球肘には、肘の内側に発生する(内側型野球肘)と外側に発生する(外側型野球肘)があります。

内側型野球肘の発生頻度が多く、投球動作によって肘の内側に牽引力(引っ張る力)が発生します。それにより、肘の内側にある内側側副靭帯や前腕の屈筋群(手首や手指を曲げる筋肉)に外力が働き、それが繰り返し行われることで筋肉や靭帯が損傷し発生します。

初期には、投球時や投球後に痛みが出現します。

小・中学生の頃は、靭帯や筋肉が引っ張ることで成長軟骨が刺激され、骨膜反応がでることで痛みが発生します。

骨の成長が終わる高校生以降は骨をつなぐ人靭帯や筋肉が損傷し痛みが発生します。

そのまま我慢し、プレーを続けると、投球時以外の日常生活動作(ペットボトルのキャップを開けるなど)の動作で痛みが出るようになります。

さらに、安静時にも痛みが出現するようになり、肘の曲げ伸ばしが障害され特に伸ばす動きに制限が起こります。

外側野球肘は、離脱性骨軟骨炎と言われます。

肘関節を構成する、上腕骨と橈骨が投球動作でぶつかり合うことで発生します。

ですが投球動作をすることで必ず骨同士がぶつかるわけではありません。

それは、周りの筋肉に「筋紡錘」「腱紡錘」と言った筋肉の伸び縮みを感じるセンサーが存在しているからです。

しかし繰り返しの投球動作で筋肉に負担がかかり筋肉の柔軟性が低下し硬くなります。

硬くなった筋肉は血流の循環障害を起こし、伸び縮みを感じるセンサーも反応が悪くなる為、筋肉が「ここまで伸びると危ない」という基準も分からなくなり、過度の負担が掛かる原因となります。負担が繰り返し掛かると、肘関節にある関節軟骨が傷ついてきます。

放置してしまうと、関節軟骨が剥がれ(剥離骨折)となり関節の中に遊離し引っかかり、関節を全く動かせなくなる「ロッキング」なども起きてしまいます。

発生する頻度は内側野球肘より低いですが、重症度は外側野球肘の方が高いので早めの治療をすることが望ましいです。

【野球肘が治らない理由とは?】らいおんハート整骨院佐久

野球肘はオーバーワーク(使い過ぎ)によって起きてきますが投球フォームが原因の一つでもあり、痛みが出て来たら練習や投球フォームを見直す必要性があります。

日常生活での痛みがなくなってきたら、軽いキャッチボールから始めていきま

当院の野球肘の施術方法|らいおんハート整骨院 佐久

1.視診・問診

まずは患者様のお悩みについて、問診で話しを聞いていきます。

患者様が来院された時から治療は始まっていて来院してからの動きなども拝見して、治療に活かしていきます。

2.的確な運動検査、一ミリにこだわる触診

肩の触診

患者様のお悩みの原因となる筋肉を動きから、さらに実際に触り一ミリ単位で筋肉を触り分けていきます。そこで原因を見つけていきます。

3.説明と提案

そこで得た患者様のお身体の状態を踏まえて現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療をご提案していきます。

4.施術

当院独自の触るレントゲンと呼ばれている【MPF療法】を用いてお一人お一人に合った刺激量や強さで治療していき、症状の原因となる筋肉を直接アプローチしていきます。

さらに大切になってくる姿勢に対してお一人お一人のお身体をチェックしたうえで【筋膜猫背・骨盤矯正】を用いて首や背中により負担をかけてしまっている不良姿勢や身体の歪みを整えていき、根本的な症状の改善を行っていきます。

5.通院指導、治療計画

改善に向けてのお一人お一人に合った、最善の通院ペースや治療の提案を行っていきます。オンリーワンの治療の計画を患者様お一人お一人と相談して治療を進めていきます。

当院の根本治療|らいおんハート整骨院 佐久

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

根本改善プログラム、治療計画|らいおんハート整骨院 佐久

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」事です。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しずつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」為に8~16回の治療プログラムを作らせて頂いております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正する事で正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していく事で「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていく事で、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

上記のような辛い症状でお悩みの方はもちろん、姿勢が気になるという方も是非一度当院にご来院して頂き、お身体を診させて頂ければと思います。そのお悩み一緒に改善していきましょう!

お問い合わせ

らいおんハート整骨院

0267-77-7521

住所
〒385-0046
長野県佐久市前山321-3
(旧クアハウス佐久内)
診療時間
[平日]
午前8:30~12:00/午後14:00~19:00
[祝日]
午前8:30~午後17:00
(昼休みなし)
[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

交通事故施術メニュー

  • スタッフブログ