受付時間

らいおんハート整骨院 0267-77-7521

ネット予約

内側副靭帯損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツをしていると膝の内側が痛くなる
  • 膝の痛みで歩行や階段の上り下りがつらい
  • 膝が思うように動かない
  • 膝が安定していない、力が抜ける感じがする

内側副靭帯損傷とは?|らいおんハート整骨院 佐久

膝の内側の安定性を保つ内側側副靭帯が、交通事故やスポーツなどで外から内股方向に強い外力が加わることで膝の靭帯に損傷や断裂が生じ膝の内側に痛みを感じる。前十字靭帯損傷や半月板損傷を合併していることがあります。

膝には4つの靭帯があり、場所によって、内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯に分けられます。

内側側副靭帯と外側側副靭帯は膝の横方向への動き、前十字靭帯と後十字靭帯は前後方向への動きに連動しており、そこに強い負荷が加わるとそれぞれの靭帯が損傷し、特に内側側副靭帯と前十字靭帯は損傷が起こりやすいです。更に非常に強い力が加わった場合は、複数の靭帯が損傷する場合もあります。

膝内側側副靱帯は、膝靱帯損傷の中でも損傷頻度が高く、単に膝の捻挫として取り扱われることが多い障害と言われ、初期に適切な固定をすれば前十字靭帯断裂に比べて修復しやすいのですが、急性期に処置をせず伸びた状態した場合は、半月板損傷などの合併症の可能性が考えられる為、受傷時の適切な治療が重要とされています。

内側副靭帯損傷の原因とは?|らいおんハート整骨院 佐久

最も発生頻度が高い膝の靭帯損傷は内側側副靭帯損傷と言われて、外反強制により内側側副靭帯が損傷します。

また、非常に強大な外力を受けると複数の靭帯に損傷が及ぶこともあります。

負荷が加わる損傷は主に2つに分かれる。

・大きな外力による損傷(接触型)

膝の靭帯は、筋肉より伸縮性がないため無理な外力が加わると断裂しやすい組織で、スポーツの激しい衝突や大きな負担が膝関節に直接かかった場合に膝関節を支えきれなくなった靭帯が損傷します。

ラグビーやアメリカンフットボール、レスリングなどタックルやスライティングで膝に直接強い衝撃を受け、膝が不自然な方向に曲がり、膝が伸びきった状態から更に伸ばされるような力が加わることで靭帯が損傷します。転んで膝から地面に落ちた時などは後十字靭帯を損傷することがあります。

加えて、交通事故などの強い衝撃でも靭帯を損傷する可能性があります。

・繰り返しの運動による損傷(非接触型)

走った状態から急停止したり、急激な回転・方向転換をしたり、ジャンプ後の着地の瞬間に起こる場合もあります。スポーツで素早く体の向きを変える、急激な切り返しを続けるなど、膝に大きな「ひねり」を加えることで損傷が起こります。特に膝が内側、つま先が外側を向いた状態が膝に大きな負担がかかります。このように繰り返されるストレスで、徐々に膝の靭帯が傷つき、損傷を起こします。

内側副靭帯損傷の症状|らいおんハート整骨院 佐久

痛み

膝の内側部に痛みが好発します。内側側副靭帯は大きな靱帯の為、他の靭帯の損傷と比べても痛みが強く感じる場合が多い。

腫れ

膝の内側部分に腫れが見られますが受傷後、すぐに腫れが起こらない場合もあります。時間が経つにつれて膝の他の部位も腫れてくる場合があります。

可動域の低下

膝が固くなり、膝を真っすぐに伸ばす、あるいは曲げることが難しくなる。

歩行困難

可動域が制限されるため、膝の曲げ伸ばしが難しい。階段を上る・椅子に座ることが困難になります。

重症度

GRADE1 TEAR(軽度)
軽度な痛み、腫れが少しまたはほとんど見えない状態。違和感はあるが、関節の可動域は正常。

靭帯ストレステストも陰性。

GRADE2 TEAR(中度)
膝を真っすぐに伸ばせない、歩行困難が見られる。踵全体を地面につけられず、足先での歩行状態。

靭帯ストレステストで少し緩い結果(陽性)。

GRADE3 TEAR(重度)

腫れはあまり見られない。もし見られる場合は、前十字靭帯・膝蓋骨・半月板の損傷を疑う状態。

靭帯ストレステストの陽性:カクっと止まらず、ソフトもしくは全く止まらない。

損傷が高度で、膝の不安定性が残存した場合には半月板損傷や軟骨損傷などを生じ、将来的に変形性膝関節症への進行が早まる可能性があります。

【内側副靭帯損傷が治らない理由とは?】らいおんハート整骨院佐久

固定により筋肉の柔軟性を低下させて硬く縮こまった結果、膝関節の機能回復が遅れているので痛みがなくならない。

なので、痛みが出ているところだけを治療しても良くなりません。痛みのポイントを治療すると同時に膝のストレッチはもちろん、大腿四頭筋やハムストリングスのストレッチと筋力アップ、臀部のストレッチと筋力アップ、及びら股関節の柔軟性を高め可動域を広げることが重要です。

膝関節の不安定性を軽減し可動域訓練、筋力強化、バランス訓練など今後関節の不安定性が残る事での早期の変形性膝関節症を防ぐ事を目的として行います。

当院の内側副靭帯損傷施術方法|らいおんハート整骨院 佐久

1.視診・問診

まずは患者様のお悩みについて、問診で話しを聞いていきます。

患者様が来院された時から治療は始まっていて来院してからの動きなども拝見して、治療に活かしていきます。

2.的確な運動検査、一ミリにこだわる触診

患者様のお悩みの原因となる筋肉を動きから、さらに実際に触り一ミリ単位で筋肉を触り分けていきます。そこで原因を見つけていきます。

3.説明と提案

治療説明

そこで得た患者様のお身体の状態を踏まえて現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療をご提案していきます。

4.施術

当院独自の触るレントゲンと呼ばれている【MPF療法】を用いてお一人お一人に合った刺激量や強さで治療していき、症状の原因となる筋肉を直接アプローチしていきます。

さらに大切になってくる姿勢に対してお一人お一人のお身体をチェックしたうえで【筋膜猫背・骨盤矯正】を用いて首や背中により負担をかけてしまっている不良姿勢や身体の歪みを整えていき、根本的な症状の改善を行っていきます。

5.通院指導、治療計画

改善に向けてのお一人お一人に合った、最善の通院ペースや治療の提案を行っていきます。オンリーワンの治療の計画を患者様お一人お一人と相談して治療を進めていきます。

【当院の根本治療】 らいおんハート整骨院佐久

内側副靭帯損傷=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

【根本改善プログラム、治療計画】

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」事です。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」為に8~16回の治療プログラムを作らせて頂いております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正する事で正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していく事で「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていく事で、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

上記のような辛い症状でお悩みの方はもちろん、姿勢が気になるという方も是非一度当院にご来院して頂き、お身体を診させて頂ければと思います。そのお悩み一緒に改善していきましょう!

お問い合わせ

らいおんハート整骨院

0267-77-7521

住所
〒385-0046
長野県佐久市前山321-3
(旧クアハウス佐久内)
診療時間
[平日]
午前8:30~12:00/午後14:00~19:00
[祝日]
午前8:30~午後17:00
(昼休みなし)
[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

交通事故施術メニュー

  • スタッフブログ