受付時間

らいおんハート整骨院 0267-77-7521

ネット予約

ジャンパー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ジャンプすると痛い
  • スクワットすると痛い
  • 歩くと痛い
  • 膝を曲げると痛い
  • 膝と押すと痛い

ジャンパー膝とは|らいおんハート整骨院 佐久

ジャンプやダッシュなどで膝関節の屈伸動作を頻繁に長時間行なうことで発生する症例です。

バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのキック動作やダッシュなどを何度も行なったりする学生に生じることが多く、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。

日常的に体育会系の部活やサークル活動を行う10代~20代の若い世代に多く見られる疾患で、特に10代の少年に好発します。

ジャンパー膝以外にもオスグッド・シュラッター病、膝蓋靭帯炎、膝蓋大腿関節症、シンディングラーセン・ヨハンセン病など膝の前方に生じる痛みの多くはこのような原因で起きることが多くあります。

放っておくと重症化していき下記のようになっていくので早期の治療が大切です。

  • ・軽傷→スポーツは可能であるが、その後痛む

  • ・中等症→スポーツのプレーに支障はないが途中または後から痛む

  • ・重症→常に痛み、プレーに支障が出る

  • ・最重症→腱・靭帯の断裂

当院のジャンパー膝の考え方|らいおんハート整骨院 佐久

当院の【ジャンパー膝】の原因を筋肉の硬さと骨盤の歪みが原因だと考えます。

膝に付着する大腿四頭筋は骨盤にも付着しているので、大腿四頭筋の柔軟性低下が腰椎や骨盤を引っ張り負荷をかけることで歪む原因を作り膝に影響が出ているとも考えることが出来ます

膝蓋骨下部にある膝蓋靭帯は屈伸動作を繰り返し行なうことで膝蓋靭帯に過度な伸張ストレスがかかり、膝蓋骨の大腿四頭筋腱や膝蓋靭帯に付着する部分に炎症を生じ痛みが発生します。

膝蓋靭帯と膝蓋骨がくっついている部分の下から3分の2に沿っての痛みがほとんどですが、そのほかに、大腿四頭筋腱が膝蓋骨上部に付着する部分に痛みが出ることもあります

また、運動は下半身だけではなく、上半身の動きと連動して、身体はバランスを取り全身運動しています。筋肉は単体で動いているわけではなく連動し、つながっています。ですから、大腿四頭筋のみが原因と決めつけず、硬くしてしまう他の原因も探す事がとても重要になります。

当院のジャンパー膝への治療法|らいおんハート整骨院 佐久

1.問診・視診

まずは患者様のお悩みについて、問診で話しを聞いていきます。

患者様が来院された時から治療は始まっていて来院してからの動きなども拝見して、治療に活かしていきます。

2.運動検査、触診

患者様のお悩みの原因となる筋肉を動きから、さらに実際に触り一ミリ単位で筋肉を触り分けていきます。そこで原因を見つけていきます。

3.説明と提案

そこで得た患者様のお身体の状態を踏まえて現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療をご提案していきます。

4.治療

当院独自の触るレントゲンと呼ばれている【MPF療法】を用いてお一人お一人に合った刺激量や強さで治療していき、症状の原因となる筋肉を直接アプローチしていきます。

さらに大切になってくる姿勢に対してお一人お一人のお身体をチェックしたうえで【筋膜猫背・骨盤矯正】を用いて首や背中により負担をかけてしまっている不良姿勢や身体の歪みを整えていき、根本的な症状の改善を行っていきます。

5.通院後のフォロー、治療計画

改善に向けてのお一人お一人に合った、最善の通院ペースや治療の提案を行っていきます。オンリーワンの治療の計画を患者様お一人お一人と相談して治療を進めていきます。

当院の根本治療|らいおんハート整骨院 佐久

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

【根本改善プログラム、治療計画】

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」事です。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」為に8~16回の治療プログラムを作らせて頂いております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正する事で正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していく事で「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていく事で、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

上記のような辛い症状でお悩みの方はもちろん、姿勢が気になるという方も是非一度当院にご来院して頂き、お身体を診させて頂ければと思います。そのお悩み一緒に改善していきましょう!

【ジャンパー膝の予防】らいおんハート整骨院佐久

多くはスポーツなどをおこなうことで「膝の使いすぎ」による大腿四頭筋の炎症が原因です、基本的に運動のペースを緩めるか、安静にすることが必要ですが、継続した治療で悪化を防ぎ、予防をおこなう。

大腿四頭筋や腸腰筋をストレッチすることで筋肉の柔軟性を高めることも大切です。

大腿四頭筋のストレッチを行うことで柔軟性を高めることができ、膝への負担を軽減します。

腸腰筋は腰とお腹にある筋肉であり、インナーマッスルに分類される筋肉です。

腸腰筋のストレッチを行うことでジャンパー膝を予防できるだけではなく、腰を痛めてしまうリスクも下げます。ただし痛みが練習後だけでなく日常生活にも出てしまっている場合はストレッチだけでは改善しないことが多いですから、コンディションを整えながら、症状を悪化させないように対応していくことが望ましいと考えられます。

お問い合わせ

らいおんハート整骨院

0267-77-7521

住所
〒385-0046
長野県佐久市前山321-3
(旧クアハウス佐久内)
診療時間
[平日]
午前8:30~12:00/午後14:00~19:00
[祝日]
午前8:30~午後17:00
(昼休みなし)
[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

交通事故施術メニュー

  • スタッフブログ