受付時間

らいおんハート整骨院 0267-77-7521

ネット予約

ルーズショルダー

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩を動かすと肩が抜けそうになる。
  • 常に肩に違和感、脱力感がある。
  • 肩の脱臼を経験してから、抜けそうな感じが続いてしまう。
  • 夜に痛みで目を覚ます時がある。

ルーズショルダーとは?|らいおんハート整骨院 佐久

ルーズショルダーは、別名「肩関節不安定症、動揺性肩」と呼ばれる障害です。

肩関節の多方向の不安定性を出してしまい、肩関節が緩くなっている状態のことを言います。

肩関節は筋肉や靭帯、関節包、関節唇と言った、軟部組織によって安定性を保持しています。

その軟部組織の機能が低下する事で、肩関節の動きが過剰に出てしまい、スポーツ中に肩関節が過度の負荷が掛かり痛めてしまったり、軽度の外力が働いただけで脱力感、不快感を感じたりする様になります。

ルーズショルダーは、特に野球の投球動作で起きることが多い障害で、その他にも、オーバーハンド(手を肩より上に持っていく動作)をするスポーツや日常生活で肩をよく使う人、元々肩関節が緩い人、全身弛緩性(全身が柔らかい)を持っている人に好発します。

 

【ルーズショルダーの原因とは?】らいおんハート整骨院佐久

ルーズショルダーの原因は、

  • ・肩関節の腱板の機能が低下している事
  • ・過去に肩関節の脱臼を経験している人
  • ・元々の肩関節が緩い。

などがあげられます。

そもそも、腱板とは何でしょう?

腱板とは、肩関節の周りに存在する四つの筋肉(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の筋肉の腱の総称が腱板(別名:回旋筋腱板、ローテーターカフなど)と呼ばれています。

肩関節は、肩甲骨と上腕骨から構成され、上腕骨に対して関節を作る、お皿の受け皿の部分が非常に浅く、脱臼を起こしやすい構造をしています。

肩関節が脱臼をしない理由として、この腱板が収縮することで肩関節を安定させお皿の受け皿の役割をしています。

腱板の機能が低下することで、肩関節の安定性が低下し、動かした際に違和感や脱力感を感じる様になります。

次に、脱臼経験をすることがなぜ関係するのでしょうか?

脱臼をした際、筋肉に対し、強い外力が働きます。外力により筋肉は傷つき、守ろうとして筋肉を固めてしまいます。筋肉が硬くなると安定性が増すと思う方もいると思いますが、筋肉が硬くなると血流の循環不良が起こり、筋肉の伸び縮みを感じるセンサー(筋紡錘、腱紡錘)の働きが弱くなります。

結果、筋肉がどこまえ伸びていいのか分からず、筋肉が不安定な状態になってしまいます。

【ルーズショルダーの症状】らいおんハート整骨院佐久

ルーズショルダーになると少しの運動や動作でも肩関節に微細な痛みや、違和感、肩が抜けそうな感じなどが出るようになります。

また、スポーツ中以外にも、日頃の動作でもだるい感じが出てきたり、不安感を覚えるようになります。

また、肩関節が緩いことで夜、寝返りをうった時などに肩が抜けそうになり目を覚ますようなこともあります。

【ルーズショルダーが治らない理由とは?】らいおんハート整骨院佐久

少しの動き(咳き込む、くしゃみなど)で抜けてしまう場合は軟部組織の回復を早める為に手術をすることが必要になります。

保存療法(手術をしない方法)として、肩の腱板の筋力強化をするなど、肩関節の安定性を高めていきます。

しかし、筋肉が硬くなった状態では、伸び縮みを感じるセンサーが働きずらく。筋力強化の為のトレーニングをしても改善に時間が掛かります。

また、腱板は姿勢の歪み(猫背など)があると常に引っ張られ、緊張状態が続く為、周囲の血管を圧迫し血流の循環障害を起こし結果、センサーが感じにくい状態になります。

姿勢不良と筋肉の柔軟性の低下が症状の改善を遅らせる原因となるのです。

当院のルーズショルダーの施術方法|らいおんハート整骨院 佐久

1.視診・問診

まずは患者様のお悩みについて、問診で話しを聞いていきます。

患者様が来院された時から治療は始まっていて来院してからの動きなども拝見して、治療に活かしていきます。

2.的確な運動検査、一ミリにこだわる触診

患者様のお悩みの原因となる筋肉を動きから、さらに実際に触り一ミリ単位で筋肉を触り分けていきます。そこで原因を見つけていきます。

3.説明と提案

そこで得た患者様のお身体の状態を踏まえて現在の状態をご説明いたします。

お身体の状態に合わせた最善な治療をご提案していきます。

4.施術

当院独自の触るレントゲンと呼ばれている【MPF療法】を用いてお一人お一人に合った刺激量や強さで治療していき、症状の原因となる筋肉を直接アプローチしていきます。

さらに大切になってくる姿勢に対してお一人お一人のお身体をチェックしたうえで【筋膜猫背・骨盤矯正】を用いて首や背中により負担をかけてしまっている不良姿勢や身体の歪みを整えていき、根本的な症状の改善を行っていきます。

5.通院指導、治療計画

改善に向けてのお一人お一人に合った、最善の通院ペースや治療の提案を行っていきます。オンリーワンの治療の計画を患者様お一人お一人と相談して治療を進めていきます。

当院の根本治療|らいおんハート整骨院 佐久

=MPF療法×筋膜リリース骨盤矯正×鍼灸治療

根本改善プログラム、治療計画|らいおんハート整骨院 佐久

症状の治療の最終ゴールは「元に戻らない体を作る」事です。

その為に、患者様のSTEP毎に的確な治療を行い、少しずつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。

根本改善プログラムは「元に戻らない体を作る」為に8~16回の治療プログラムを作らせて頂いております。

具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正する事で正しい姿勢、正しい動きを再構築していきます。

更に痛みの原因であるしこり(筋硬結)を徒手治療や鍼治療などで除去していく事で「凝りがスッキリ、症状もスッキリ」を実現させていきます。

このような治療を行っていく事で、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」

お問い合わせ

らいおんハート整骨院

0267-77-7521

住所
〒385-0046
長野県佐久市前山321-3
(旧クアハウス佐久内)
診療時間
[平日]
午前8:30~12:00/午後14:00~19:00
[祝日]
午前8:30~午後17:00
(昼休みなし)
[休診日] 日曜日のみ

受付時間