受付時間

らいおんハート整骨院 0267-77-7521

ネット予約

スタッフブログ

脊柱管狭窄症の特徴的な歩き方!佐久市の整骨院

脊柱管狭窄症の特徴的な歩き方!佐久市の整骨院

佐久市で交通事故むち打ち外傷治療なら、

らいおんハート整骨院佐久。

佐久南インターから車で7分。

平日、19まで受付しています。

交通事故治療は、自賠責保険を適用して原則施術費用0円。

 

 当院は佐久市、小諸市にお住いの坐骨神経痛椎間板ヘルニア腰痛に困りの患者様が多く来院されています。

 

 今日は腰部脊柱管狭窄症の特徴的な歩き方に

ついてご紹介します。

 

脊柱管狭窄症とはどんな病気なのでしょうか?

 

 腰に痛みがある患者様が医療機関を受診された

際にドクターから「脊柱管狭窄症ですね」と診断を

される事は当院に来院される患者様も多くお話しを

されています。

 

 脊柱管狭窄症とは・・・背骨はひとつ、ひとつが

関節になり脳から続く神経が通るトンネルのような

ものになっています。

 

 これを脊柱管と呼び、この脊柱管が骨や靭帯の肥厚

(厚くなる)椎間板が飛び出る事で

脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫を受け、腰部の痛みや

下肢へのしびれなどの症状が現れます。

 

 加齢や、骨や靭帯が変性を起こし、椎間板ヘルニアと

比べ50代以降の高齢者に多くみられます。

 

 特徴的な歩き方を・・・「間欠性跛行」と呼びます。

 

「間欠性跛行」とは、歩いていてしばらくすると足に

痛みやしびれを感じ、少し休むとまた歩けるようになる

症状の事を指します。

 実際には「間欠性跛行」は神経から起こるものと血管

から起こるものの2つに分けられ

 

 脊柱管狭窄症は神経から起こる「神経性跛行」にあたります。

 

 神経性でも血管性でも歩いていると足が痛くなるという症状

は一緒です。

 

 ではでは何が違うのでしょうか?

 

 違いは、休む時の姿勢です。血管性の場合、休む時の姿勢は

関係なく、歩くのをやめ、休むと症状は軽快します。ですが

神経性の場合は立って休んでいても足の痛みやしびれはあまり

おさまりません。

 

 休む時にベンチに腰掛けたり、しゃがみ込んだりと、腰が

前かがみの状態で休んでいることが多いです。

 

 神経が原因となりますが、しびれとは神経の感覚、感じ方の

異常状態です。

 

 神経に血流により酸素が運ばれますが、これが血流の

循環障害により「酸欠」に陥ります。

 

 これによりしびれが起こり、座って前かがみになることで、

滞っていた血流が流れ、しびれが軽快します。

 

 血流が滞る原因のひとつに「姿勢不良」、「骨格の歪み」

「筋肉の柔軟性の低下」があります。

 

 当院ではこのような症状に対して、当院独自の

MPF療法筋膜姿勢矯正トリガーポイント鍼療法などを組み合わせながら、しびれの原因となる血流を妨げている硬くなった筋肉を緩めていく事で血液循環を改善し、しびれの改善を行います。

 

また佐久にお住いの【坐骨神経痛】【肋間神経痛】】【顔面神経痛

などにお悩みの方。

神経痛にも効果を発揮します!!

ネットからの予約はこちら

 

詳しくはこちら・・・・MPF療法

 

◎当院は、交通事故でお困りの方の為に

交通事故に関する事も詳しく記載しております。

 

交通事故のページ

 

住所:

〒385-0046 

長野県 佐久市 前山 321-3 旧クアハウス佐久1階

診療時間:

[平日]午前 8:30~12:00/午後14:30~19:00

[祝日]8:00~17:00(昼休みなし)

[休診日] 日曜日のみ

[ご予約・お問い合わせ]

電話番号 0267-77-7521

 

お問い合わせ

らいおんハート整骨院

0267-77-7521

住所
〒385-0046
長野県佐久市前山321-3
(旧クアハウス佐久内)
診療時間
[平日]
午前8:30~12:00/午後14:00~19:00
[祝日]
午前8:30~午後17:00
(昼休みなし)
[休診日] 日曜日のみ

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

患者様の声

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

交通事故施術メニュー

  • スタッフブログ